復縁サポート徹底比較 » どうしてもよりを取り戻したい!あの人と復縁するには » 復縁したいのは誰? 相手別 よりを戻す方法

復縁したいのは誰? 相手別 よりを戻す方法

元カレ、元カノ、元旦那、元嫁など、復縁したい相手によって復縁する方法は異なります。どんな相手に、どんな方法が有効なのでしょうか?

復縁したい相手は誰?

恋愛相手、結婚相手に対する考え方は、男性と女性で違いがあります。脳の構造自体に違いがあると言い換えることもできるでしょう。

女性がスパっと割り切れるのに対し男性は切り替えがヘタで、一度付き合った女性には長く固執する傾向があります。そのため、復縁したいなら男性と女性とではアプローチの方法を変える必要があるのです。

もちろん、別れた理由や状況によってもアプローチは変えるべきです。

浮気、遠距離、すれ違い、性格の不一致など、別れの理由はさまざま。復縁するなら、別れた原因を解決させておく必要があります。その上で復縁したい相手に合わせた復活愛を目指しましょう。

相手別・復縁する方法

  • 元彼と復活したいなら復縁したいイメージ

別れた原因にもよりますが、元カレと復縁したいなら多くの場合、1ヶ月~数ヶ月は連絡を取らないほうがいいでしょう。追えば逃げる男性は、追わなければ元カノのことを気にする傾向があります。

連絡するとしても、メールなどで当たり障りのない会話にとどめること。

会わない間に自分磨きをして、久々に会ったときに「こんなにキレイだった?」と思わせることができれば復縁の可能性は高まります。

  • 元彼女と復縁するコツ

切り替えの早い女性が相手の場合、しつこく追いすがるのは絶対にNGです。また、別れた原因を解決しておかないと、「この人は変わっていない」と愛想を尽かされる危険性もあります。

まずは自分を見つめ、彼女に何が嫌われたのかをしっかりと把握しておくことが大切。

メールなどでさりげない会話ができるようになったら、自分がどれだけ変わったかを少しずつ伝えましょう。

ただし「こんなにがんばったんだよ!」といったアピールは重いだけなのでNG。過程ではなく結果を伝えることが大切なのです。

  • 元旦那と復縁するには

離婚は大変なエネルギーを伴います。やっとの思いで別れたのですから、復縁までには短くても数年はかかると覚悟しておきましょう。

お子さんがいない場合は、連絡も1年程度は取るべきではありません。

お子さんがいる場合は、子どもの行事のことなどで連絡を取ってもかまいませんが、復縁を望んでいることを伝えるのはまだ先。まずは友人関係を築き、そこから信頼できる間柄を目指していきましょう。

  • 元嫁と復縁は可能?

切り替えが早い女性と復縁するのは、ただでさえ難しいもの。離婚後の復縁はさらにハードルが高くなります。

自己を見つめ、女性の気持ちが理解できるようになることが大切です。その上で友人関係になることができれば、離婚前とは変わったことをアピールできるかもしれません。

復縁したいのがこちらなのですから、「俺も悪かったけど君も悪かった」というような、相手を少しでも責める言動が出ると復縁は望めません。

変わらなければならないのが自分であることを真摯に受け止めることができれば、復縁のチャンスも巡ってくるでしょう。

本気で復縁したいなら

別れの状況や彼女・彼氏の状況はさまざまです。

抱えている問題や家庭環境などによっては、一般的なアドバイスが当てはまらないケースがあります。その結果、まるで効果のない復縁の方法を取ってしまうことも。

また、自己を見つめることは難しく、何がダメだったのかを正しく把握できないこともあります。

客観的に分析してもらうため、友人などに相談するのもアリですが、人は自分の経験や知識の中でしか動けないもの。偏った分析をされてしまうリスクもあります。

復縁のいちばんの近道は、復縁専門のアドバイザーに相談することです。

経験の豊富な第三者に相談することで、何が悪かったのか、どうしていきたいかということが明確になる上、適切なアドバイスをもらうことができるでしょう。

<免責事項>
このサイトは、これまでの取材経験をもとに恋愛ライターが立ち上げたサイトです。
復縁サービスの内容、利用の流れ、料金などは、各復縁サービスの公式サイトに掲載されている情報を基にしております。
最新情報は各復縁サービスの公式サイトをご確認ください。

復活愛が叶う!
あなたの復縁を
相談できるサポート比較

復活愛までの道のりをセキララ告白! - 復縁体験の全記録 -
復活愛が叶う! あなたの復縁を成功に導くサポート比較