復縁サポート徹底比較 » どうしてもよりを取り戻したい!あの人と復縁するには » こんなときどうする? 復縁が難しいケースとは…

こんなときどうする? 復縁が難しいケースとは…

これまでさまざまなケースの復縁の方法を解説してきましたが、どうしても復縁することが難しいケースもあります。ここではとくに復縁が難しいケースについて解説します。

復縁が難しい事例

復縁の基本は、別れに至った原因を取り除いておくこと。友人関係になり、そこから信頼関係を築くことです。

しかし、これらが当てはまらないケースもあります。

あまりにも最悪の別れ方をしてしまった場合

難しいケースイメージケンカ別れという枠をはみ出た、もはや罵詈雑言の応酬だった場合は、復縁は厳しいと言えます。冷却期間を置いたとしても別れ際の印象が強烈すぎて、そのときの記憶が深く残ってしまっているからです。

また警察を呼ばれるような、相手に恐怖心を植え付けた場合も、復縁は難しいでしょう。相手はあなたのことが怖いのです。できれば二度と会いたくないと思っているかもしれません。

これらのケースの場合は、まずは相手に誠心誠意、謝罪することが第一。

会うことは拒絶される可能性が高いので、メールもしくは手紙などで謝りましょう。返事が来たなら、まだ脈はあるかもしれません。

親が交際に大反対している

親に反対されたとしても、2人ががんばっている姿を見せれば認めてくれるケースも少なくありません。

しかし、理屈の通らない、理不尽な理由から「とにかく反対!何が何でも絶対反対!」という態度を取る親もいます。

親が原因で別れたのにいまだに反対されているのなら、復縁は絶縁でもしない限り難しいかもしれません。

連絡が全く取れない

電話は着信拒否、メールアドレスも変更されてしまった場合、連絡の取りようがありません。

共通の友人にまで連絡先を教えないように根回しされているとしたら、相手は絶対に連絡を取り合いたくない可能性も考えられます。

この場合、数年単位は、連絡する方法すら探らないほうがよさそうです。

相手が恋愛をしたがらない

相手が恋愛すること自体を拒否しているとしたら復縁どころではありません。

こういった場合は友人関係なら築くことができますが、再度お付き合いすることは難しいと言えるでしょう。

復縁は諦めるべき?

この他にもさまざまな事情から、復縁は絶望的と考えられるケースがあります。

しかし、こちらと相手が生きてさえいれば、復縁の可能性はゼロではありません。可能性がわずかでも残っているなら、そこに賭けることもできます。

難しいケースは、特に専門のカウンセラーやアドバイザーに相談することをおすすめします。

諦めたほうがいい恋だとわかることもあるかもしれませんし、こちらが思っていた以上に深刻ではないケースもあります。1人で悩むのではなく、誰かに頼ってみることも必要なのではないでしょうか。

<免責事項>
このサイトは、これまでの取材経験をもとに恋愛ライターが立ち上げたサイトです。
復縁サービスの内容、利用の流れ、料金などは、各復縁サービスの公式サイトに掲載されている情報を基にしております。
最新情報は各復縁サービスの公式サイトをご確認ください。

復活愛が叶う!
あなたの復縁を
相談できるサポート比較

復活愛までの道のりをセキララ告白! - 復縁体験の全記録 -
復活愛が叶う! あなたの復縁を成功に導くサポート比較