元嫁

元嫁との復縁は一般的には難しいと考えられています。しかし方法がないわけではありません。ここでは離婚した妻と復縁するための方法や、やっては行けないNG行為について解説していきます。

元嫁との復縁は可能か?

離婚は互いの心に深い傷を残します。しかし一般的には、男性よりも女性のほうが立ち直りが早く、これまでの生活をリセットして新しいスタートを切りやすいと考えられています。

ただでさえ離婚後の復縁が難しい中で、男性側から求める復縁はかなりハードルが高いと言えるでしょう。

しかし復縁の道がまったくないというわけではありません。

男性側から離婚を求めた場合や、お子さんがいて常に接点がある場合、そのハードルは低くなります。信頼関係を築きやすいからです。

逆にお子さんがいない場合や接点がない場合は、復縁は困難になります。まずは離婚の原因を解消し、その上で少しずつコンタクトを取ることが大切なのです。

元妻と復縁する方法

離婚に至った原因を解消・改善しておかないと復縁は叶いません。しかし原因の解消が難しい場合もあります。

借金は精算し、ギャンブルはやめる、お酒を断つといったことは努力次第でできますが、互いの親の問題や性格の不一致は状況の改善が難しいものです。

例えば性格の不一致。男性は直接的に言われたことしか理解できませんが、女性は「それぐらい察してよ!」と口に出さない傾向があります。そして心の中で怒りの炎を燃やすのです。

男性側は「そんなに怒っているとは…」と思うでしょう。しかし女性は「こんな思いやりのない人とは長く暮らせない」と男性が鈍感になっている間に別れを決意してしまうのです。

この男性特有の鈍感さを直さないと復縁は難しいと言えます。そのためには洞察力、相手の立場に立って物を考える力を身につけなければなりません。

やってはいけないNG行動

また、元妻の「地雷」に触れないことが大切です。

元嫁イメージ例えば「俺の悪いところは直すように努力する。だから君もここを直してほしい」といった内容の言葉は、絶対に言ってはいけません。

復縁したいのはあくまでも元夫側。「君もここを直せ」「もっと俺をわかってほしい」といった自分の尊重を強調すれば、元妻は瞬く間に逃げていくでしょう。

元妻と復縁したいなら、こちらからは連絡を控えること。1~数年は連絡を控え、少しずつメールなどで近況報告をしましょう。

まず復縁を持ちかけるのではなく、お子さんの話やさりげない会話にとどめます。お子さんなどの接点がない場合は知人・友人などに間に入ってもらい、徐々に自分の気持ちを伝えてもらうのも効果的です。

ただし男性の場合は特に、自分の何が悪かったのかわからない、元妻の気持ちがわからないという人が多いので、きちんと自分を見つめるためにも一度復縁アドバイザーなどに相談することをおすすめします。

元妻と復縁・成功事例

元嫁との復縁は簡単ではありませんが、成功した事例もあります。次のケースで何が良かったのかを考えてみましょう。

復縁例

Aさんは亭主関白なところがあり、家事や育児をがんばってくれた妻をないがしろにするところがありました。結果、妻に愛想をつかされて離婚に。

離婚後自分で家事をしてみて、妻がいかに家庭を支えてくれたかを理解したAさん。心から反省し変わることを決意したAさんは、元妻の両親に自分の気持ちを伝えました。

最初は冷たかった義両親もAさんの真摯な姿勢に心を動かされ、娘を説得。何度か会ううちに変わったことが元妻に伝わり、復縁が叶ったのです。

このケースは、第三者である義理の両親を味方につけられたことが大きなポイントとなりました。また、お子さんがいたことで元妻と会う機会もあり、その時に本当に変わったことがアピールできたのもよかったのでしょう。

体験談をもっと見る>>

<免責事項>
このサイトは、これまでの取材経験をもとに恋愛ライターが立ち上げたサイトです。
復縁サービスの内容、利用の流れ、料金などは、各復縁サービスの公式サイトに掲載されている情報を基にしております。
最新情報は各復縁サービスの公式サイトをご確認ください。

復活愛が叶う!
あなたの復縁を
相談できるサポート比較

復活愛までの道のりをセキララ告白! - 復縁体験の全記録 -
復活愛が叶う! あなたの復縁を成功に導くサポート比較