男性編

セキララ告白!復縁体験の全記録

今回のケースは男性Yさんからの相談になります。2人の年齢差はなんと10歳以上!!男性の方が彼女よりも年上です。交際期間は5年3ヶ月とかなり長め。2人が真剣に交際していた事がこの交際期間からもうかがえます。

5年以上交際した彼女との出会いと別れ

2人の出会いは趣味の集まりで、共通の趣味を持っているという事もあり、2人はすぐに交際をスタート。共有した思い出も多い中、彼女は常に彼を気遣ってくれ、Yさんの都合にも快く合わせてくれていたそうです。

そんな2人が 別れた原因は彼・Yさんにありました。

交際期間も長くなり、自然と結婚を望むようになった彼女。しかしYさんには 色々な事情があり、なかなか結婚に踏み切ることができませんでした

孤独な男性のイメージそんなある日、ささいな事がきっかけで喧嘩になってしまいます。彼女は色々な事を今まで我慢してきたけれど、心が限界を感じてしまい、Yさんとの別れを決意しました。一般的に言う「適齢期」であった 彼女にとって5年と言う歳月は、彼が思っているよりもずっと大きかったのです。

そして、急に態度を一変した彼女に対し、Yさんも悲しみと怒りで感情のコントロールができなくなり、 彼女を攻めるような態度をとってしまいました。

Yさんはついに、彼女からすべての通信手段を拒否されてしまいました。

彼女とまったく連絡がとれなくなってしまい少し冷静になったYさんは、改めて彼女の大切さに気がつきました。 今まで彼女の辛かった気持ちに気付いてあげられなかった自分に後悔したそうです。

後の祭りと言えども、自分が もっと早くに彼女と一緒になる事を決断していれば…と後悔の日々を送っていました。

相談者イメージ画像
相談者の状況

男性:Yさん 40代

  • 相手…20代
  • 付き合った期間…5年3ヶ月ぐらい
  • 知り合ったきっかけ…趣味のサークルで知り合い、すぐに恋に落ちた。
  • 別れを切り出したのは…彼女から
  • 別れてからの期間…1ヶ月

もう一度やり直したい!という一心で復縁のプロへ相談

もし叶うなら、 もう一度彼女とやり直し、一緒に歩いて生きたい。

Yさんが彼女と復縁を相談しようと、復縁のプロとして評判のコンサルタント・ 小野田ゆうこさんへ連絡をしたのは、 彼女との別れから1ヶ月後になります。

初回の無料相談で、彼女との出会いから別れまでのいきさつをメールで送ったところ、3000文字近くの返信が。

その内容は、励ましの言葉と共に、 見事にYさんの事を分析し、さらには彼女の事に対してもしっかりと分析されている内容であり、Yさんと彼女の性格などをふまえての復縁戦略でした。

アドバイザーイメージ画像 アドバイザー
(復縁コンサルタントからの返信メールを引用)

長い時間を共に過ごしてきた恋人とのお別れですから、Yさんとしてはショックも大きく、喪失感でいっぱいになってしまいますよね。

Yさんは愛情を持っていても、その気持ちを口に出す事に抵抗があったり、相手に対して「察してほしい」と考える時も多いようですね。

結婚を切り出せずにいたのは、不安にさせたくない思いがあったのだと分かりますよ。

ただ、同じように彼女もまたYさんの事を愛していたからこそ、5年という時間の中でも待とうとする思いを持っていました。

ただ、女性にとって結婚と年齢というのは分けて考える事は難しいもの。

優しい彼女は自分の中で溜め込んでしまう思いも多くあったのが分かりますから、それだけ不満に感じていた事もあったのです。

そして結婚への不安を募らせる中で喧嘩になり、あなたに責められる状況となった事で

「一緒にいるのが辛い」
「これ以上一緒にいてもうまくいくはずない」

と答えを出したのです。

そして、Yさんへの小野田ゆうこさんからのアドバイスは…。

(復縁コンサルタントからの返信メールを引用)
  • 最初は彼女への愛情をぶつけないようにする
  • 彼女の様子を見ながら、サークルで会えるような状況も持っていく
  • はじめは挨拶程度の交流とし、少しずつ複数人で話すようにしていく
  • 彼女の緊張感が無くなった頃に連絡を再開できるように打診する

こちらの進め方が好ましいですよ。

今の彼女は、拒否設定を行うほどにYさんとの関係を慎重に考えていますから、徐々に距離を縮めていく事で安心して状況を変えていけるのです。

連絡の際には

  1. 緊急性のある話題
  2. 趣味の事での質問
  3. 共通のご友人の事についての話題

といった事が自然でしょう。

Yさんに心を許して頂くためには、まずはご連絡までの中でどれだけ信頼を寄せて頂けるかがポイントになってきます。

先ほど提示した動き方をする事で

「今ならお互いを尊重して話したり出来そう」
「もう前のYさんじゃなさそう」

そう思って頂けるようになるのです。

このアドバイスに対して、相談者のYさんは…

彼女が自分と別れを決意した決定的な理由は、彼女は将来を考え、貯蓄などをしているにも関わらず、自分は趣味のものに大金を使おうとした事だと、復縁コンサルタント・小野田ゆうこさんに伝えました。

そして、1週間後に彼女と身の回りの事で話し合う機会を持っているので、どのように接するべきかの助言を求めました。

アドバイザーイメージ画像 アドバイザー
(復縁コンサルタントからの返信メールを引用)

1週間後に彼女とお会いし、話し合いをするとの事、把握致しました。だとしたらこのように進めて参りましょう。

  1. 彼女の話を聞く姿勢を持つ
  2. 彼女の発言に対し、否定的にならずに受け止める姿勢を持つ
  3. その上で、ひでさんご自身の感謝と謝罪の気持ちを述べる
  4. 今後ご友人として関わっていきたい旨を伝える

それでも、感謝と謝罪の言葉を伝えられそうにないのなら、「手紙を書いて彼女にお渡しする」方法を取っていきますよ。

未練を感じさせてしまうのは、警戒心を感じさせ、今後Yさんに対し接しにくく感じさせてしまいます。ですから、ご友人関係を除々に築き上げていく事で、 復縁しやすい状況を作っていくのです。

一週間後の再会に不安を隠しきれない相談者Yさんに対し、復縁コンサルタント小野田ゆうこさんが提案した復縁までのシナリオは

  1. 話し合いの結果を踏まえて、接し方も考えていく
  2. 彼女の状況や近況を把握していく
  3. 彼女の心情に合わせた連絡ペースを心がける
  4. 連絡頻度を徐々に増やす
  5. 会える回数を増やしていく
  6. 彼女からの連絡、お誘いを増やせるように自分磨きにも力を入れる

でした。

そして、Yさんは彼女に再会。指示の通りに接したつもりではあるけれど、彼女の気持ちはすぐに変わる事はありませんでした。

しかし、「友達としてならば」という条件で、お互い共通のサークルのみで友人関係を続けて行く事を、彼女は承諾してくれました。とはいえ、「お互い敬語で話す」「他の人には元彼女だとか一切話さない」などという条件付きでした。

このような条件を出されたYさんは、 「いっその事、彼女には新しい人生を他の男性と歩ませてあげた方がいいのではないか?」という気持ちの揺らぎが出てきました。

何故なら彼女からは明らかに相談者を見下したような、上から目線の発言が多かったからです。

アドバイザーイメージ画像 アドバイザー

このような状況に対して、復縁コンサルタント・小野田ゆうこさんはYさんに、少し厳しい判断を迫ったそうです。

(復縁コンサルタントからの返信メールを引用)

あなたは本当に彼女が好きか自問自答するべきであり、少しでも違うと思うのならもうさっぱり諦めましょう。

好きでしょうが無い!のであればプライドを捨てて接すること

自問自答した上で彼女の事が好きだと思うのであれば、Yさんは彼女の為に変わる覚悟ができたと自信を持って良いと言えます。

  • 彼女の為に変わる事ができるなら → サークルに行ってもよい
  • やはり自分のスタンスを守りたいなら → 一切の連絡を絶ち、一旦冷静になる

元々Yさんは彼女とお話しする前は

>自分が耐えれば良いんですから、戻って来てくれたら今度こそはという自信はあります!

こうして志を話してくださりました。

それが彼女に会って変わってしまった、という事は やはりそこまでの熱意が無かったのかな、という事。それなら残念ではありますが、次の方を求めても良いと思います。

Yさんが何を最後のチャレンジとするか?というのがとても大事ですよ。

まず彼女へのお気持ちは今何処に落ち着いていますか?
もしもサークルに行くとするならどう振る舞う予定で居ますか?
彼女のいいつけ「彼女だと言わない」と「敬語」を厳守しようと思いますか?
またそのサークルで会って彼女に再告白しようと思うのでしょうか?

もしそうだとしたら、 彼女をぐっと引きつける言葉を考えていかないといけませんね。

プライドを捨てるか否かは、まずご自身の気持ちで判断して行きましょう。ここでどちらかを選び、Yさんが決めたのならそこで1つ男気が上がった事にもなりますよ。

その選択がどちらでも、何かを「決断」するのは素晴らしい事ですからね。むしろ忘れて次に行きたいのであれば、それもしっかり応援します。

大事なのは、Yさんがどうしたいか?ですからね。

復縁コンサルタントから「喝」を入れられたYさんは、再度彼女への復縁を決意します。

復活愛イメージアドバイス通りに彼女と接し、ついには10日に1度程度なら食事などにも行って良いと、彼女に言ってもらえる程の関係まで修復しました。ただし、それは友達としてであり、彼女はまだ相談者に対して警戒をしている様子だったそう。

何とか復縁を成功したい、短期間で彼女の気持ちを惹きつけるテクニックを知りたいというYさんに対して、復縁コンサルタント・小野田ゆうこさん「少し距離を置くべきテクニック」を提案してくれたそうです。

アドバイザーイメージ画像 アドバイザー
(復縁コンサルタントからの返信メールを引用)
  • 連絡の頻度は1週間~10日1通目安(彼女との状況に応じて変更していく)
  • お誘いも過剰にしない(2週に1度位目安)
  • 彼女が返答しやすい連絡に絞る
  • 適度な距離感を今後も意識していく(彼女をさり気なく気遣う)

そして限られた時間で効率良く彼女の気持ちを向かせる為には

  • 指摘された点を改善している様子を行動から示す
  • 自分本位に考えて彼女に対して振る舞わない
  • 年上の男性としての器の深さを見せていく(外見や内面を磨いていく)
  • 彼女が嫌がる事は絶対にしない

上記を徹底する事で「この人は変わったのかもしれない」と思わせる事ができると断言しました。

そして、このアドバイスを徹底して守り、彼女に接し続ける事で、Yさんはついに、 「もう一度付き合いたい」と彼女から言ってもらう事ができたのです。

 

この記事の関連のページ

<免責事項>
このサイトは、これまでの取材経験をもとに恋愛ライターが立ち上げたサイトです。
復縁サービスの内容、利用の流れ、料金などは、各復縁サービスの公式サイトに掲載されている情報を基にしております。
最新情報は各復縁サービスの公式サイトをご確認ください。

復活愛が叶う!
あなたの復縁を
相談できるサポート比較

復活愛までの道のりをセキララ告白! - 復縁体験の全記録 -
復活愛が叶う! あなたの復縁を成功に導くサポート比較